クリーンクリーンPCライフ

cleanclean.exblog.jp
ブログトップ

異性化液糖(HFCS) その1

072.gifいつも元気なクリーンクリーンPC社員のきららで~す!072.gif



こんにちは~!!今日は、知られているようで、知られていない。。。というか、言ってみれば、知らされていない異性化液糖(HFCS)についてまとめてみたいと思います。034.gif そして今回はその1。異性化液糖(今後はHFCSと呼ばせていただきま~す。)は一体何なのか?を探ってみたいと思います。027.gif 


056.gif異性化液糖056.gif

それにしても、イカツイ名前ですよね?アメリカではハイ フルクトース コーンシロップ(HFCS)と呼ばれているブドウ糖を果糖に人工的に転換した液糖のことなんです。031.gif あっという間にサトウキビ原材料の砂糖の替りとしてアメリカの食品業界にはなくてはいけないものとなってしまいました。アメリカ人の肥満の原因の一つだと言われています。日本の食品業界にも広がっています。納豆についてくるタレにも実は、入っているやつです。。。005.gif

ここで、まず、ブドウ糖、果糖、異性化液糖(HFCS)の違いを調べてみましょう。027.gif

ブドウ糖(グルコース) 
芋類や、とうもろこしのでん粉から簡単に大量に生産出来るけれど、甘みが弱い。

果糖(フルクトース) 
果物やはちみつに多く含まれていて甘い。ブドウ糖と一緒になっているので、自然の食材から果糖だけ取り出すのは難しい。


異性化液糖(HFCS)
人工的に、ブドウ糖を果糖に転換する酵素(グルコースイソメラーゼ)を使用してとうもろこしから作られるシロップ。



異性化液糖(HFCS)の誕生

一般に砂糖と呼ばれているものはサトウキビ等から作られています。HFCSはとうもろこしが原料となっていて、アメリカのほとんどのとうもろこしは遺伝子組換えなので、ダブルパンチ。。047.gif アメリカ市場を制覇しつつあるHFCSですが、驚いたことに日本人によって1965年に発表されたのがはじまりだそうです。005.gif 

戦後の砂糖不足を補うために当時大量にあった芋でん粉からブドウ糖(グルコース)を製造するのを国を挙げて奨励。そしてそれを砂糖の代替品にする研究が進められたようです。そしてついにブドウ糖を果糖に転換する鍵となる酵素を発見、さらに研究を重ね、異性化糖の誕生に至ったようです。

MSG も日本人が発見したのですが、当初は悪気はなかったはずです。042.gif 近年に健康を害するというデータが大量に出ているにもかかわらず、その技術を利益に結びつけて市場に出している大手食品会社、それを合法化している国の方に大きな問題があるのではないでしょうか?028.gif



c0243976_6284631.jpg

        ズラ~っと並ぶほとんどのソフトドリンクにHFCSが含まれていました。

最近、健康愛好家の間でHFCSに反対する動きがちらほら出てきました。私もその中の1人です。001.gif 次回ではHFCSが体に与える影響を調べてみたいと思っていますので、よろしかったら、またのご訪問をお待ちしてま~す!!053.gif


ハッピーでヘルシーで、クリーンクリーンな毎日をテーマに頑張りますので、どうぞヨロシクお願いいたします!072.gif 皆さんから、コメントをいただけたら大変嬉しいです072.gif  きらら



関連ブログをこちらでクリック

クリーンクリーンPCのコマーシャルが見れるようになりました!! リンクはこちら
[PR]
by cleancleanpc | 2012-03-30 10:00 | 健康